PR

スポーツ スポーツ

紀平「SPで悔い残る」 世界フィギュアから一夜明け

世界フィギュア 「スモールメダルセレモニー」でメダルを手にする(左から)2位の紀平梨花、1位のザギトワ、3位のメドベージェワ=埼玉県さいたま市(戸加里真司撮影)
世界フィギュア 「スモールメダルセレモニー」でメダルを手にする(左から)2位の紀平梨花、1位のザギトワ、3位のメドベージェワ=埼玉県さいたま市(戸加里真司撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 フィギュアスケートの世界選手権女子で日本勢最高の4位に入った16歳の紀平梨花(関大KFSC)が一夜明けた23日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナでフリーの上位3選手へのメダル授与式に出席した。初出場の大舞台を「ショートプログラム(SP)は悔いが残っている。来季はSPからミスがないようにと今から考えている」と話した。

 SP7位からフリーは2位と巻き返した。シニアデビューとなった今季について「すごく勉強になった。次につながるいいシーズン」と話し、授与式に集まった大勢のファンに「声援やメッセージが力に変わっている」と感謝した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ