PR

スポーツ スポーツ

代表初陣の武蔵不発「圧力あった」 シュート1本のみ

【サッカーキリンチャレンジカップ2019日本代表対コロンビア代表】前半、競り合う日本代表・鈴木武蔵=日産スタジアム(撮影・甘利慈)
【サッカーキリンチャレンジカップ2019日本代表対コロンビア代表】前半、競り合う日本代表・鈴木武蔵=日産スタジアム(撮影・甘利慈)

 代表初選出の鈴木武蔵は不発に終わった。1トップで先発して後半20分までプレーし、放ったシュートはわずか1本。「ワールドクラスのセンターバックで圧力があった」と振り返った。

 冷静ではあった。「DFラインが高かったのでボールを奪った直後にチャンスがくる」と相手の布陣を見極め、スピードを生かして守備の裏を狙い続けた。前線で体を張り、ときには左右に流れてパスを引き出し、積極的に動き回った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ