PR

スポーツ スポーツ

4回転成功で「銀」 世界選手権女子で初、カザフのトゥルシンバエワ

【ISU世界フィギュアスケート選手権大会2019】女子フリーで演技するエリザベート・トゥルシンバエワ=さいたまスーパーアリーナ (撮影・中井誠)
【ISU世界フィギュアスケート選手権大会2019】女子フリーで演技するエリザベート・トゥルシンバエワ=さいたまスーパーアリーナ (撮影・中井誠)
その他の写真を見る(1/5枚)

 トゥルシンバエワが女子で安藤美姫ら過去2人しか国際スケート連盟公認大会で成功者がいない4回転サルコーをフリー冒頭で決め、世界選手権では史上初の快挙となった。身長148センチの細身でその後も大きなミスなく演じきり、銀メダルを手にし「カザフスタンにとって(世界選手権の女子で)最初のメダル。予想していなかった」と驚きを隠さなかった。

 2月の四大陸選手権で2位だった19歳のスケーターは昨季終了後に練習拠点を移し、今季からはザギトワらを教えるエテリ・トゥトベリゼ・コーチに師事する。飛躍的にジャンプの安定感が増し、激戦の表彰台争いに割って入った。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ