PR

スポーツ スポーツ

「努力を続けられる天才」イチロー、現役生活に終止符

 めったに感情を表に表さないことから、米メディアでは「クールな自信家」「勝利よりも安打優先」と揶揄(やゆ)されたこともあった。それでも、周囲の雑音に惑わされることなく、自らのスタイルを貫く「イチロー流」で安打を重ねてきた。

 あるときには「節目の数字をクリアすることは大事なことだが、その目標があるからというだけでプレーを続けるのではない」と報道陣にクギを刺したこともある。優先されるべきは記録ではなく、「選手」であり続けること。自らのベストを最大限に尽くすため、先発でも代打であっても準備を万全に整える。それこそが、イチローが大事にした「流儀」である。

 特別なことを成し遂げるために、「特別なこと」はしない。野球と真摯(しんし)に向き合い、努力を重ねることで、時代を切り開いてきた自負がある。平成の野球界を駆け抜けた希代のスーパースターは、最後まで努力を続けられる「天才」だった。(浅野英介)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ