PR

スポーツ スポーツ

宮原は出遅れ8位 ジャンプ改良の成果発揮できず

女子SP 演技する宮原知子=さいたまスーパーアリーナ
女子SP 演技する宮原知子=さいたまスーパーアリーナ

 ジャンプの改良に取り組んできた宮原はSP8位と、成果を発揮できなかった。冒頭の3回転ルッツ-3回転トーループの2連続ジャンプは2本目が回転不足と判定された。成功した2回転半と後半の3回転ループも、出来栄え点(GOE)はともに1点を下回った。

 昨年末の全日本選手権で5連覇を逃すなど、苦しいシーズン。今大会に向けた2月の練習公開でも「自分が理想としている完成形からすれば、まだ25~30%くらい。少しずつ改善して向上していきたい」と話していた。

 それでも、地道な努力でもう一つの課題だったステップでレベル4を獲得。「すごくうれしい」と収穫につなげた。昨年銅メダルの実力者はフリーに向けて「自分を信じてやるというのが一番の課題。それをきちんとやりたい」と気持ちを切り替えていた。(田中充)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ