PR

スポーツ スポーツ

女子SPは坂本花織2位、紀平梨花7位、宮原知子8位 ザギトワが首位発進

世界フィギュア女子ショートプログラム 坂本花織の演技=20日、さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)
世界フィギュア女子ショートプログラム 坂本花織の演技=20日、さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)
その他の写真を見る(1/4枚)

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開幕して女子ショートプログラム(SP)が行われ、全日本選手権女王の坂本花織(シスメックス)がほぼミスがない演技を見せて76.86点で2位、初出場優勝を目指す16歳の紀平梨花(関大KFSC)は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)でミスが出て70.90点で7位、昨年3位の宮原知子(関大)は70.60点で8位だった。

 2018年平昌五輪女子金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が82.08点で首位発進した。女子のフリーは22日に行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ