PR

スポーツ スポーツ

羽生は30番、宇野は31番滑走 フィギュア世界選手権

練習に臨む羽生結弦=20日、さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)
練習に臨む羽生結弦=20日、さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)

 フィギュアスケートの世界選手権で、35人が出場して21日に行われる男子ショートプログラム(SP)の滑走順抽選が20日、行われ、2018年平昌五輪王者の羽生結弦(ANA)は30番、2月の四大陸選手権覇者の宇野昌磨(トヨタ自動車)は31番滑走で、ともに最終組となった。大会2連覇を狙うネーサン・チェン(米国)は最終の35番滑走。田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は第4組の22番滑走となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ