PR

スポーツ スポーツ

ディアク氏らの捜査終了 息子に事情聴取できず

 フランスのスポーツ専門紙レキップ(電子版)は19日、フランス司法当局が、ロシアの組織的ドーピング隠蔽に関与した疑惑で、国際陸連(IAAF)のラミン・ディアク前会長やIAAFの反ドーピング責任者ら3人に対する捜査を終了したと伝えた。

 これらの疑惑やIAAFを巡る不正な金銭の流れに関しては、ディアク氏の息子のパパマッサタ・ディアク氏が重要な役割を果たしていたとみられる。しかし同氏は自国のセネガルにとどまり、事情聴取を拒否していることから、フランス当局がこれ以上の捜査を断念したとみられる。

 パパマッサタ氏は、2020年東京五輪招致疑惑でも招致委がコンサルタント会社に支払った金銭の一部を受け取った疑惑が持たれている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ