PR

スポーツ スポーツ

竹田恒和氏の退任表明(一問一答)「バッハ会長とは昨日も一昨日も話した」

理事会終了後、取材に応じる竹田恒和会長。6月の任期満了で退任を表明した=19日午後、東京都渋谷区(納冨康撮影)
理事会終了後、取材に応じる竹田恒和会長。6月の任期満了で退任を表明した=19日午後、東京都渋谷区(納冨康撮影)

 2020年東京五輪招致疑惑でフランス司法当局の捜査対象となっている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が19日、東京都内で開かれたJOC理事会に出席し、6月の任期満了で退任すると表明し、国際オリンピック委員会(IOC)委員を辞任することも明らかにした。

 主な一問一答は次の通り。

 まず竹田会長から、説明が行われた。

 「来年の東京大会を控えてこのように世間をお騒がせすることを大変心苦しく思っている。私はJOCの将来のことを思うと、次代を担う若いリーダーにJOCを託して、そして東京オリンピックを通じて日本の新しい時代を切り開いてもらうことがもっともふさわしいという思いに至った。この定年を迎える6月27日の評議員会をもって任期を終了し、退任することにしました。理事会でもご説明したところです」

 --退任をする意向を固めたのはいつか

 「まあ、こういった退任を迎える、定年を迎える前でもあったので、このことは慎重に考えており、早い内に自分の中では決めていて、この日にお話することに決めていた。(IOCの)バッハ会長には何度も直接連絡しているし、昨日も一昨日も電話で話しています」

 --IOC委員については

 「IOCにつきましても、今回辞任することといたしました。それはIOC委員は、IOCの憲章によるとNOCの理事になることが求められている。私は今回定年でJOCを退任するので、IOCもこれで退任するということを決めた」

 --疑いをかけられていることについては

 「私はこれまでも申しましたように不正なことはしていない。潔白を証明するために今後も努力していきたいと思っている」

 --フランス当局とはその後は

 「その後は接触ありません」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ