PR

スポーツ スポーツ

中部電力がカナダ下し3勝2敗 カーリング世界選手権

カナダ戦でショットを放つ中部電力の石郷岡。左は松村=シルケボー(共同)
カナダ戦でショットを放つ中部電力の石郷岡。左は松村=シルケボー(共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 カーリングの女子世界選手権第3日は18日、デンマークのシルケボーで1次リーグが行われ、日本代表の中部電力はロシアに4-8で敗れたが、3連覇を目指すカナダを7-5で下し、通算3勝2敗とした。

 ロシア戦では要所でショットが決まらなかったが、カナダ戦では第3エンドで2点を奪うと、その後は2エンド連続で不利な先攻から1点ずつをスチール。第9エンドにも2点を加えるなど、安定したショットで強豪を振り切った。

 19日は韓国と対戦する。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ