PR

スポーツ スポーツ

UNIVASが社員総会 シンポジウムも開催 大学スポーツ活性化へ

大学スポーツ協会(UNIVAS)のロゴを発表する(右から)デザイナーの佐藤オオキ氏、UNIVASの鎌田薫会長、スポーツ庁の鈴木大地長官=18日、東京都港区
大学スポーツ協会(UNIVAS)のロゴを発表する(右から)デザイナーの佐藤オオキ氏、UNIVASの鎌田薫会長、スポーツ庁の鈴木大地長官=18日、東京都港区

 大学スポーツの新たな統括組織「大学スポーツ協会(UNIVAS)」は18日、東京都内で社員総会を開き、理事の選任やロゴの発表を行うなどして、実質的なスタートを切った。

 総会に続いて行われたシンポジウムでは、鈴木大地スポーツ庁長官が「大学スポーツを通じて日本全体の活性化につながることを願っている」と挨拶。1988年ソウル五輪のレスリング男子金メダリストで専修大教授の佐藤満氏は講演で「学業とスポーツに学生がストレスなく打ち込める環境を整えてほしい」と訴えた。

 一般社団法人として発足したUNIVASは、全米大学体育協会(NCAA)を参考に、大学スポーツの価値向上を目的とした競技横断型組織。

 大学部活動の事故防止に向けたガイドラインを策定するほか、パワーハラスメントや暴力事案に対する相談窓口を設置。大学が関与することで、大学部活動のガバナンス(組織統治)の強化を図る。公式サイトでは地区大会を含めた約600試合の映像配信を行うなどし、大学スポーツ市場の規模拡大にも取り組む。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ