PR

スポーツ スポーツ

日本高野連「提言は進歩」 新潟県高野連の球数制限見送りで

日本高野連の竹中雅彦事務局長
日本高野連の竹中雅彦事務局長

 新潟県高野連が今春の新潟大会での投手の球数制限導入を見送ることを発表したことを受け、日本高野連の竹中雅彦事務局長は18日、「こちらの意向を理解していただいたのはありがたい。(球数制限を)提言していただいたことは進歩だと思っている」と話した。

 日本高野連では今後、4月に発足する「投手の障害予防に関する有識者会議」で球数制限について議論していく。有識者会議は年に4、5回開催する予定で、竹中事務局長は「提言を無にすることなく、有識者会議で実りある答申ができるようにしたい」と語った。

 新潟県高野連は昨年12月、選手の故障予防などを目的に、投球数が100球を超えたイニングまでの登板とするルールの導入を表明していたが、日本高野連は2月の理事会で「全国一斉で検討すべきだ」などの理由で再考を要請していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ