PR

スポーツ スポーツ

小林陵2位、19度目表彰台 W杯ジャンプ男子個人

スキー・ジャンプW杯ノルウェー・ヴィケルスン大会 2位入賞を果たした小林陵侑(ロイター)  
スキー・ジャンプW杯ノルウェー・ヴィケルスン大会 2位入賞を果たした小林陵侑(ロイター)  

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は17日、ノルウェーのビケルスンでフライングヒルによる個人第26戦(ヒルサイズ=HS240メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が237メートル、239メートルの合計454・6点で2位となり、今季19度目の表彰台に立った。

 1回目に最長不倒の241メートルを飛んだドメン・プレブツ(スロベニア)が0・1点差で逃げ切り勝ちし、2季ぶりとなる通算5勝目を挙げた。

 佐藤幸椰(雪印メグミルク)は15位、中村直幹(東海大)は29位。小林潤志郎(雪印メグミルク)は33位で2回目に進めなかった。

 小林陵は8日からの10日間で飛んだ個人4試合の予選と本戦、団体2試合の飛躍計15回で争った「ロー・エアー」の総合優勝を果たした。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ