PR

スポーツ スポーツ

ゴルフ男子ツアーがメルセデスと提携 ポイント制創設

メルセデス・ベンツ日本の上野社長(左から2人目)とJGTOの青木会長(同3人目)、左は今平、右はJGTO佐藤理事
メルセデス・ベンツ日本の上野社長(左から2人目)とJGTOの青木会長(同3人目)、左は今平、右はJGTO佐藤理事

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は15日、メルセデス・ベンツ日本とオフィシャルパートナー契約を締結し、新たにトータルポイントランキングを創設する、と発表した。

 同ランクは、年間を通じての平均ストローク、平均パット数、パーキープ率、パーオン率、バーディー率、イーグル率、ドライバーの飛距離、フェアウエーキープ率、サンドセーブ率の9部門の順位を得点化し、1位の選手には年末のアワードで表彰、賞金100万円とメルセデス・ベンツSクラスの車両を贈呈する。

 JGTOの青木功会長は「さらに、ゴルフ界を盛り上げていきたい。選手のモチベーションも上がるはず」と期待。昨季の賞金王の今平周吾は「選手たちには励みになる。今季は賞金王と両方を取りたい」と意欲を示した。

 メルセデス・ベンツ日本は2012年から日本女子プロゴルフ協会ともオフィシャルパートナー契約を結んでいる。

 同社の上野金太郎社長は「メルセデス・ベンツのオーナーの6、7割がゴルフ愛好者。これまでの女子とともに男子も積極的にサポートさせていただきたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ