PR

スポーツ スポーツ

牧田は納得の投球 実戦形式登板も「あくまで結果」

 パドレスとマイナー契約の牧田は実戦形式の登板で1イニング相当を内外野の間に落ちる安打1本にまとめた。主力級を抑え、「柔らかく、体の近くを(右手が)通ってきて前で、はじくというイメージを持てていた」と納得の投球だった。

 オープン戦ではなかった。それでも、メジャー昇格には崖っぷちとあって「自分は完全に試合としてやっている。あくまで結果」と貪欲だった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ