PR

スポーツ スポーツ

21世紀枠の石岡一は動じず 盛岡大付と第3日第2試合

組み合わせ抽選会の会場で肩を組む21世紀枠の(左から)石岡一の酒井淳志主将、富岡西の坂本賢哉主将、熊本西の霜上幸太郎主将=15日午前、大阪市
組み合わせ抽選会の会場で肩を組む21世紀枠の(左から)石岡一の酒井淳志主将、富岡西の坂本賢哉主将、熊本西の霜上幸太郎主将=15日午前、大阪市

 21世紀枠でセンバツ初出場の石岡一は、第3日第2試合で盛岡大付と対戦。主将の酒井は「どこと当たっても相手は強豪と覚悟していた。だから平気」と強打自慢の相手に動じることはない。

 レギュラーは新2年生が多い。川井監督は竜ケ崎一(茨城)時代に2年生で夏の甲子園に出場。「経験を伝えたい。とにかく、みんなが個人的な目標を持って試合に臨むこと」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ