PR

スポーツ スポーツ

降昇格伴う3部制を提案 22年新設ラグビー国際大会

 国際統括団体のワールドラグビー(WR)は14日、ダブリンで会合を開き、2022年に新設を検討している各国・地域代表による国際大会「ネーションズ選手権」を、降昇格による入れ替えがある3部制で開催する案を提示した。

 計画によると、1部は欧州6カ国対抗のチームと、南半球4カ国対抗のチームに世界ランキング上位の2チームを加えた6チームの2組に分かれ、11試合のリーグ戦を実施。各組の1位チームで決勝を戦う。

 当初の案では各組上位2チームが準決勝に進む方式だったが、過密日程による選手の負担を考慮し、変更した。

 新大会開催のため、国際スポーツマーケティング企業のインフロント社が12年間で約50億ポンド(約7400億円)を出資する計画も明らかにした。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ