PR

スポーツ スポーツ

日本製紙はアジアVならず IH、最後の公式戦

アイスホッケー、アジア・リーグのプレーオフ決勝第3戦で敗れ、整列する「日本製紙クレインズ」の選手たち=14日、ロシア・ユジノサハリンスク(共同)
アイスホッケー、アジア・リーグのプレーオフ決勝第3戦で敗れ、整列する「日本製紙クレインズ」の選手たち=14日、ロシア・ユジノサハリンスク(共同)
その他の写真を見る(1/6枚)

 アイスホッケー、アジア・リーグのプレーオフ決勝(5回戦制)は14日、ロシアのユジノサハリンスクで第3戦が行われ、レギュラーリーグ4位の日本製紙が同2位のサハリン(ロシア)に3-4で敗れ、3連敗で優勝を逃した。今季限りの廃部が決まっている日本製紙は公式戦の日程が終了した。

 10日までにホームで2連敗して後のなくなった日本製紙は加藤の先制ゴールなどで一時は3-0とリード。だが、第3ピリオドに反撃を受けて追いつかれ、第1延長の終盤に決勝点を許した。

 サハリンはリーグ参入5季目で初優勝。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ