PR

スポーツ スポーツ

かど番栃ノ心、白星先行 「そりゃ気持ちいい」

栃ノ心(右)が寄り切りで魁聖を破る=14日、エディオンアリーナ大阪
栃ノ心(右)が寄り切りで魁聖を破る=14日、エディオンアリーナ大阪
その他の写真を見る(1/5枚)

 左上手、右下手をつかむとやっぱり強い。かど番の栃ノ心が今場所初の連勝。序盤5日間を終えて白星を1つ先行させた。「連勝すると、そりゃ気持ちいいでしょ」。まだ万全ではない身体と向き合いながら必死に前に進んでいる。

 直近3場所で37勝を挙げ、圧倒的な強さで大関に昇進したのが昨年名古屋場所。その後は右足親指や右太ももなどのけがもあり、2桁勝利すら挙げられていない。「俺は気持ちが弱いと思う」。身長191センチの大関がつぶやいたことがある。猛稽古で番付を上げてきた31歳。けがで思うように鍛錬を積めず、自信が持てなくなっていた。

 この日の朝稽古。同部屋の碧山と熱のこもった相撲を取る姿があった。激しいぶつかり合いに、身体を真っ赤にさせていた。けがの影響で2月はほぼ稽古できなかったが、日に日に状態は上がっている。「俺は稽古しないと。稽古ができると自信になるから」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ