PR

スポーツ スポーツ

【森保一監督会見詳報】(1)13人入れ替え「多くの選手に厳しい戦いの経験を」

 「南米2チームと戦うことで、日本人の選手として、チームとして学ぶことはまだまだたくさんある。南米は技術が高く、体の使い方が非常にうまい、また個人の駆け引きというところは身につけて行かなくてはいけない。選手には感じてもらいながら、フィードバックできたらと思う。チームの戦いの中でも駆け引きということを話しているが、彼ら(南米2チーム)が持っている試合の流れを読み取る力、個人として生かす、チームとして試合の流れに最良の判断ができるというところは、われわれが身につけていかなくてはいけない。この2試合を通じて感じていければ。これは日本代表の活動だけでなく、日本サッカーの発展のために、まずいい戦いをすること。日本人がどういうことができるのか、そして足りないところをこの試合で感じていければと思う」

=(2)に続く

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ