PR

スポーツ スポーツ

西岡は途中棄権で8強逃す テニスのBNPパリバOP

男子シングルス4回戦で、痛みのため途中棄権した西岡良仁=インディアンウェルズ(共同)
男子シングルス4回戦で、痛みのため途中棄権した西岡良仁=インディアンウェルズ(共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 テニスのBNPパリバ・オープンが13日、米カリフォルニア州インディアンウェルズで行われ、男子シングルス4回戦で世界ランキング74位の西岡良仁(ミキハウス)は同130位のミオミル・ケツマノビッチ(セルビア)戦で腰付近の痛みで途中棄権し、8強入りはならなかった。

 序盤から動きが重かった西岡は腰付近のマッサージなどの治療を受けたが、第1セットを4-6で落とした。第2セットの第1ゲーム途中で動けなくなり、棄権した。西岡は次戦のマイアミ・オープンを欠場し、帰国して日本で精密検査を受けることを明らかにした。

 ■西岡良仁の話「(前の試合の)疲労とかがあったわけではなく、試合前のアップで背中と腰の中間あたりが急に痛くなった。サーブが特にきつかった。きょうは運がなかった」(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ