PR

スポーツ スポーツ

小林陵侑、日本勢初の総合V W杯ジャンプ男子個人

Messenger
ノルディックスキーのW杯ジャンプ男子個人第23戦で5位に入り、日本勢初の個人総合優勝を確定させ日の丸を掲げる小林陵侑=10日、オスロ(共同)
ノルディックスキーのW杯ジャンプ男子個人第23戦で5位に入り、日本勢初の個人総合優勝を確定させ日の丸を掲げる小林陵侑=10日、オスロ(共同)

 ノルディックスキー・ジャンプ男子で22歳の小林陵侑(土屋ホーム)が10日、オスロで行われたワールドカップ(W杯)個人第23戦で5位に入り、日本勢初の個人総合優勝を確定させた。1979年に始まったW杯ジャンプ男子で、欧州勢以外が総合王者に輝くのは初めて。

 岩手県出身の小林陵は今季の個人第2戦でW杯初優勝。年末年始に行われる伝統のジャンプ週間では史上3人目の4戦全勝を達成した。男子の歴代最多に並ぶ6連勝を記録するなど総合トップを独走。5試合を残してタイトルを確定させた。

 日本勢の過去最高は1997~98年シーズンの船木和喜(フィット)の2位だった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ