PR

スポーツ スポーツ

岩出が日本勢最高5位、福士ら5人がMGC出場権 名古屋ウィメンズマラソン

Messenger
2時間23分52秒で日本勢トップの5位でゴールする岩出玲亜=ナゴヤドーム
2時間23分52秒で日本勢トップの5位でゴールする岩出玲亜=ナゴヤドーム

 2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月15日)の出場権を懸けた名古屋ウィメンズマラソンは10日、ナゴヤドーム発着で行われ、岩出玲亜(れいあ、アンダーアーマー)が2時間23分52秒で日本勢最高の5位に入った。福士加代子(ワコール)は8位。ヘラリア・ジョハネス(ナミビア)が2時間22分25秒で優勝した。

 まだMGC出場権を得ていない選手のうち、福士ら5人が条件を満たして出場権を獲得。女子選手はこれで9人から14人となった。

(タイムは速報値)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ