PR

スポーツ スポーツ

中日の根尾が「6番DH」で先発 初打席は空振り三振

Messenger
試合前にグラウンドを整備する中日の根尾昂内野手(右)=9日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場
試合前にグラウンドを整備する中日の根尾昂内野手(右)=9日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場

 右ふくらはぎ肉離れのため出遅れていたプロ野球注目のドラフト1位新人、中日の根尾昂内野手(18)(大阪桐蔭高)が9日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場での教育リーグの阪神戦を前にチームに合流し「6番・指名打者」で先発出場した。プロ入り後初の実戦の第1打席は空振り三振だった。

 根尾内野手は高校時代、昨年の春夏連覇など甲子園大会で計3度の優勝に貢献。昨年のドラフト会議では4球団から1位指名を受け、抽選で中日が交渉権を得た。

 1月の合同自主トレで右脚を痛め、沖縄県読谷村での2軍キャンプは終盤まで別メニュー調整。キャンプ後はナゴヤ球場でシート打撃を行うなど徐々に練習の強度を上げていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ