PR

スポーツ スポーツ

2022年サッカーW杯、クウェートとオマーンとの共催検討

Messenger

 国際サッカー連盟(FIFA)が2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会の出場チーム数を現行の32から48に拡大した場合に、クウェート、オマーンとの共催を検討しているとAP通信が6日、報じた。48チームになれば、試合数が増え、カタール単独での開催は難しくなる。

 隣国サウジアラビアなどアラブ諸国はカタールと断交している。関係改善の仲介役を買って出たクウェートに加え、中立の立場を取るオマーンが共催の候補となった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ