PR

スポーツ スポーツ

「受け入れがたい結果」 パリSG、2点差守れず

Messenger

 パリ・サンジェルマンは第1戦で得た2点のリードを守れず、ホームでまさかの3失点を喫した。トゥヘル監督は「受け入れがたい結果だ」と力なく嘆いた。

 開始2分にケーラーの中途半端なパスを奪われて先制され、同30分にはGKブフォンがこぼしたボールを押し込まれた。監督は「前半に2点をプレゼントした」とミス絡みの2失点を悔やんだ。

 ネイマールを負傷で欠いた攻撃陣は創造性を失い、エムバペ、ベラッティらのタレントを擁しながらも3季連続でベスト16敗退となった。主将のチアゴシウバは「何もうまくいかなかった。ファンには許してほしい」と謝罪した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ