PR

スポーツ スポーツ

島田はSP12位、壷井20位 フィギュア世界ジュニア選手権

Messenger
男子SPで演技する島田高志郎=ザグレブ(共同)
男子SPで演技する島田高志郎=ザグレブ(共同)

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権第1日は6日、ザグレブで行われ、男子ショートプログラム(SP)で今季のジュニア・グランプリ(GP)ファイナル3位の島田高志郎(木下グループ)は74・89点で12位だった。全日本ジュニア選手権覇者で初出場の壷井達也(愛知・中京大中京高)は62・59点で20位となり、ともに上位24人による8日のフリーに進んだ。

 カムデン・プルキネン(米国)が82・41点でトップに立ち、米国代表の樋渡知樹が81・50点で2位に続いた。

 ペアSPで三浦璃来(大阪ク)市橋翔哉(関大)組は51・55点で9位につけた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ