PR

スポーツ スポーツ

【J2019・今節のツボ】(2)開幕戦落とした鹿島 3季勝ちなしの川崎戦に臨む

Messenger

 1、2日に開催されるJ1第2節では早くも優勝候補同士の対戦が実現する。昨季、リーグ2連覇を達成した川崎のホームへ、アジア王者・鹿島が乗り込む。

 ともに開幕戦で勝利を逃した。特に、昇格組の大分に本拠地で屈した鹿島にとっては、負けられない一戦だ。

 とはいえ、不安材料が山積している。エースストライカーの鈴木は2月20日の練習で右足を負傷し、約2カ月の戦線離脱が決定。最終ラインでは元日本代表の山本、韓国代表の鄭昇●(=火へんに玄)(チョン・スンヒョン)の状態が万全ではない。

 近年のリーグ戦における対川崎のデータが色よいものではないのも気になるところだ。2016年シーズン以降の6戦で2分け4敗と勝利がない。

 昌子(トゥールーズ)、西(神戸)が抜け、不安定な守備の引き締めへ、元日本代表で今季から主将に就任したDF内田の起用も想定される。

 MF永木は「主力が抜けたから弱くなったといわれたくないし、連敗は許されない」と力を込める。

 川崎は07~09年の鹿島しか達成していないJ1の3連覇を目標に掲げている。それを阻止するためにも、鹿島は意地を見せたいところだ。(1日午後7時、神奈川県・等々力陸上競技場)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ