PR

スポーツ スポーツ

「迷惑かけた」 抽選券配布打ち切りで広島が謝罪

4万枚以上が配布されたカープ公式戦チケット購入に必要な抽選券(個人情報部分にペン)
4万枚以上が配布されたカープ公式戦チケット購入に必要な抽選券(個人情報部分にペン)
その他の写真を見る(1/2枚)

 プロ野球広島の公式戦チケット購入に必要な抽選券配布を25日、途中で打ち切りトラブルになったことを受け、広島は26日、公式サイトで「皆さまにご迷惑をおかけしましたことを深くおわび申し上げます」と謝罪した。

 抽選券はマツダスタジアム(広島市)で25日に配布されたが、想定の倍となる5万人以上が殺到。行列は1キロ以上に伸び、周辺道路や施設を埋め尽くす混乱状態になったことから、安全確保が最優先であると判断し、午前11時ごろ、入り口のゲートを閉めたという。

 球団側は「午前11時までの来場者全員に配布する」と案内していたことから、打ち切りが知らされると、抗議する来場者が続出。球団関係者に詰め寄るなどの騒ぎになった。

 昨年は先着順で整理券を配布していたが、発売直後の転売が横行。初めて抽選を導入した。同球団は「今回の反省を踏まえ改善していきたい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ