PR

スポーツ スポーツ

サッカー女性監督 ミラグロス監督に熱視線

Messenger
険しい表情で練習を見守るミラグロス監督=鈴鹿市、鈴鹿スポーツガーデン
険しい表情で練習を見守るミラグロス監督=鈴鹿市、鈴鹿スポーツガーデン

 日本フットボールリーグ(JFL)とJリーグのカテゴリーで初の女性監督が誕生した。今季、JFLに初参戦する鈴鹿アンリミテッドFC(鈴鹿市)のミラグロス・マルティネス・ドミンゲス監督(33)だ。初めての外国人女性監督とあって注目度は高い。しかし、勝負の世界は結果がすべて。真価が問われるのはこれからだ。

 □注目度は抜群

 鈴鹿市で開かれた就任記者会見には、報道陣やサポーターらおよそ50人が集まった。クラブの広報担当、小林拓さんは「これほど集まるとは。JFL初参戦というだけが理由とは思えない」と女性監督への注目度の高さに驚いた。

 「日本とスペインのストロングポイントに鈴鹿の選手の長所を組み合わせて、見ている人がおもしろいと思える楽しいサッカーを展開したい」。おびただしい数のカメラのフラッシュやテレビカメラを前にミラグロス監督は笑顔で語った。「私に挑戦のチャンスを与えてくれたチームに感謝し、期待に応えたい」。

 ミラグロス監督は日本のS級ライセンスに相当するUEFA(欧州サッカー連盟)のプロライセンスを持つ。チャンピオンズリーグに出場しているチームの指揮もできるライセンスだ。

 指導者としての本格的なキャリアは2007年、スペインのアルバセテ・バロンピエの12歳以下を育成する男子チームのコーチから。13年から同クラブの女子トップチームの監督兼GMを務めると、チームは2部から1部に昇格。昨シーズンは同国アトレティコ・トメロッソの女子チーム監督、と実績を積み上げてきた。

 だが、男子のトップチームの指揮は鈴鹿が初めてだ。

 □熱意に期待

 鈴鹿アンリミテッドFCは昨シーズン、地域リーグ上位の全12チームで戦うチャンピオンズリーグで2位となり、初のJFL昇格を決めた。

 しかし、昇格直後の昨年11月末、チームを率いてきた辛島啓珠監督の退任が決定。契約更新を考えていたクラブは急遽、新監督の人選に取りかかった。吉田雅一常務取締役は「クラブとしては退任は本意ではなかったが、チームが生まれ変わるチャンスにしようと考えた」。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ