PR

スポーツ スポーツ

紀平が今季国際大会6連勝 フィギュア・チャレンジ杯

Messenger
女子フリーの演技を終え、歓声に応える紀平梨花=ハーグ(共同)
女子フリーの演技を終え、歓声に応える紀平梨花=ハーグ(共同)

 フィギュアスケートのチャレンジ・カップ最終日は24日、オランダのハーグで行われ、グランプリ(GP)ファイナル女王で16歳の紀平梨花(関大KFSC)が23日のショートプログラム(SP)2位からフリー1位の141・90点を出して合計208・34点で逆転優勝した。今季の国際大会で負けなしの6連勝となった。

 昨季の世界選手権2位でSP4位の樋口新葉(東京・開智日本橋学園高)はフリー2位の123・54点をマークし、合計186・24点で3位。

 第3日の23日に男子で山本草太(中京大)が22日のSPに続いてフリーもトップの171・63点をマークし、合計253・87点で優勝した。鍵山優真(神奈川FSC)が合計218・02点で2位だった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ