PR

スポーツ スポーツ

バスケ試合中にナイキ靴底剥がれる 株価下落など波紋

Messenger
ナイキ製シューズの靴底が剥がれ、転倒したザイオン・ウィリアムソン選手=20日、米ノースカロライナ州ダーラム(USA TODAY)
ナイキ製シューズの靴底が剥がれ、転倒したザイオン・ウィリアムソン選手=20日、米ノースカロライナ州ダーラム(USA TODAY)

 米南部ノースカロライナ州のダーラムで20日に行われたバスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)の試合中に、花形選手が履いていたナイキ製シューズの靴底が大きく剥がれるアクシデントがあった。同社の株価が下落するなど波紋が広がっている。

 米メディアによると、プロバスケットボール(NBA)からドラフト1位指名が確実視されているデューク大のザイオン・ウィリアムソン選手が試合開始直後、踏み込んだ左足のシューズの靴底が剥がれ、転倒してひざを負傷した。

 試合はオバマ前大統領も観戦していた。このアクシデントが悪材料となり、21日のニューヨーク株式市場でナイキの株価は下落した。ナイキは「ウィリアムソン選手にお見舞い申し上げる。例外的な事象であり、原因を調べている」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ