PR

スポーツ スポーツ

守備陣奮闘のバイエルン 欧州CL

Messenger

 昨季4強のバイエルン・ミュンヘンは敵地で劣勢を強いられたが、DFフンメルスを中心とした守備陣が踏ん張った。コバチ監督は「アンフィールド(リバプールの本拠地)で失点しなかったチームはそれほど多くない。技術、戦術、精神面で高いレベルで戦えた」と満足そうだった。

 ただ、攻撃陣はレバンドフスキが前線で孤立気味で、好機は数えるほどだった。指揮官は勝負を決める第2戦へ向け「小さなことが差を分ける」と表情を引き締めた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ