PR

スポーツ スポーツ

橋本聖子氏「五輪の神様が池江選手の体を使って言ってきた」

Messenger
日本オリンピック委員会(JOC)副会長で参院議員の橋本聖子氏=1月21日午前、国会内(春名中撮影)
日本オリンピック委員会(JOC)副会長で参院議員の橋本聖子氏=1月21日午前、国会内(春名中撮影)

 2020年東京五輪・パラリンピックの気運醸成を図るトークイベントが16日、東京都府中市で行われた。日本オリンピック委員会(JOC)副会長で参院議員の橋本聖子氏は講演で、白血病を公表した競泳女子の池江璃花子選手について「私の娘と同じ年齢。娘のように感じていただけに何とか頑張ってほしい。彼女ならできると信じている」とエールを送った。

 橋本氏は講演の中で、スポーツ界が昨年、組織統治力や規律意識の欠如による不祥事で揺れたことに触れ、「スポーツに神様がいるとすれば、私は五輪の神様は今回、池江選手の体を使って五輪・パラリンピックをもっと大きな視点で考えなさいと言ってきたのかなと思った」などと述べた。

 閉会後に取材に応じた橋本氏は、発言の趣旨について「池江選手は(ツイッターに)『神様は乗り越えられない壁は与えない』と書いた。スポーツ界全体が新たな気持ちで立て直していかないといけないと、あのメッセージから私は受け取った」などと補足した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ