PR

スポーツ スポーツ

浦和完敗、かすむ川崎の背中 サッカー・ゼロックス杯

Messenger
【サッカーフジゼロックススーパーカップ2019 川崎フロンターレ対浦和レッズ】試合に敗れがっくり肩を落とす浦和の槙野智章(中央)ら=埼玉スタジアム(撮影・蔵賢斗)
【サッカーフジゼロックススーパーカップ2019 川崎フロンターレ対浦和レッズ】試合に敗れがっくり肩を落とす浦和の槙野智章(中央)ら=埼玉スタジアム(撮影・蔵賢斗)

 国内サッカーシーズンの幕開けを告げる富士ゼロックス・スーパーカップは16日、埼玉スタジアムで行われ、昨季のJ1王者・川崎が天皇杯覇者の浦和を1-0で破り、初優勝を飾った。

 浦和にとって川崎の背中が遠くかすむ完敗だった。多くの時間を自陣での守備に追われ、放ったシュートはわずかに1本。点差以上の力量差を見せつけられ、槙野は「守備の時間が長く、チームとして完成度の違いが出た」と唇をかんだ。

 描いた作戦は堅守速攻で、押し込まれるのは覚悟だった。しかし、なかなかボールは奪えず、奪ってもプレスをさばけない。苦し紛れのロングボールを蹴り込むばかりで、柏木は「『下手やな』って思うぐらい何もできなかった」とうなだれた。

 それでも興梠は「これで試合勘が戻った」と前を向き、新加入の杉本も「まだまだこれから」と闘志は萎えていない。今季の浦和が掲げる最大の目標は王座奪還。このまま引き下がるわけにはいかない。(奥山次郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ