PR

スポーツ スポーツ

日ハム、昨夏の甲子園再現へ 吉田輝、柿木が先発対決

Messenger
ブルペンで投球する日本ハム・吉田輝星。奥は柿木蓮=かいぎんスタジアム国頭(矢島康弘撮影)
ブルペンで投球する日本ハム・吉田輝星。奥は柿木蓮=かいぎんスタジアム国頭(矢島康弘撮影)

 日本ハムの栗山監督は16日に沖縄県国頭村で行う紅白戦で、昨夏の甲子園大会決勝で投げ合ったドラフト1位ルーキーの吉田輝(秋田・金足農高)と同5位の柿木(大阪桐蔭高)を先発させることを14日、明らかにした。

 両新人投手を先発させる理由について、栗山監督は「まだ体のことも心配なので、一番準備しやすい順番のところで」と説明した。

 栗山監督は1軍がキャンプを行っていた米国から那覇空港に午前中に到着すると、その足で2軍の練習に直行。吉田輝と柿木のブルペンでの投球を視察し、2人に先発登板を伝えたという。「この2人が先発して何かをチームに、そして日本の野球に対してメッセージを送ってくれると思う」と期待を口にした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ