PR

スポーツ スポーツ

育成施策の立ち上げを発表 Jリーグ

Messenger

 Jリーグは13日、世界的な選手の育成を目指した施策として「プロジェクトDNA」を立ち上げると発表した。イングランドで育成に携わってきたテリー・ウェストリー氏(59)とアダム・レイムズ氏(32)を招き、今後、システムを構築する。各クラブの育成組織を評価し、それによって配分金に強弱をつけることも検討しているという。

 原副理事長は「イングランドのまねをするのではなく、日本に合った育成システムをつくりたい。クラブだけではできないことをサポートしたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ