PR

スポーツ スポーツ

高知商処分の結論は出ず 日本高野連、理事会で判断

Messenger

 日本高野連は13日、大阪市内で全体審議委員会を開き、昨年12月に高知商のダンス同好会の有料発表会に野球部員が出演したことについて、野球部長の処分などを再検討したが結論は出ず、20日の理事会で議論して判断することを決めた。

 同委員会は発表会の入場料が500円だったことを踏まえ「もうけようとしたわけでなく、必要経費をまかなうためのもの」として、日本学生野球憲章が禁じる野球部員の商業的利用には当たらないとした。一方、ユニホーム姿で出演したことは、改正前の野球憲章に付随する問答集に禁止する文言があったとして「処分や指導が必要かも含め、理事会で最終判断したい」とした。

 日本高野連は、ダンス同好会の顧問を兼ねる野球部長の謹慎処分が相当として、日本学生野球協会審査室への上申を決めていたが、数校から同様の報告があったため、処分を改めて検討した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ