PR

スポーツ スポーツ

体操・内村「ジュニアは中国の基本的な練習を見てほしい」

Messenger
体操男子の日中合同合宿で、中国選手(最後列)たちと記念写真に納まる内村航平選手(3列目左)、白井健三選手(同右)ら=13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター
体操男子の日中合同合宿で、中国選手(最後列)たちと記念写真に納まる内村航平選手(3列目左)、白井健三選手(同右)ら=13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター

 体操男子の日本と中国のトップ選手による合同合宿が13日、東京都北区のナショナルトレーニングセンターで報道陣に公開された。エースの内村航平(リンガーハット)は中国について「全ての種目において、日本選手にはない機械的な動きがある。基本的な動きを何回も繰り返す練習を、ジュニア選手は見て、やってほしい」と語った。

 練習では2017年世界選手権個人総合王者の肖若騰と、同選手権種目別平行棒2連覇の鄒敬園に注目しているという。

 中国は11日に選手10人とスタッフで来日。20年東京五輪の会場となる有明体操競技場の立地も視察した。肖は「われわれは自由に練習しているが、日本はかなり真面目に練習していた」と両チームの違いを述べた。

 合同合宿は16日まで行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ