PR

スポーツ スポーツ

「コールミー・ユウセイ」 初々しい菊池の一問一答

Messenger
キャンプ初日、守備練習するマリナーズ・菊池=ピオリア(共同)
キャンプ初日、守備練習するマリナーズ・菊池=ピオリア(共同)

 マリナーズの菊池は新天地でのスタートに初々しい表情が目立った。(共同)

 --練習では同年代の左腕先発ゴンザレスと楽しげに会話していた

 「詳しい話はまだだが、日本のこと、アメリカのこと、互いに聞き合いながらの練習だった」

 --背番号18のユニホームに袖を通した

 「日本人のピッチャーにとって特別な番号だし、岩隈さん(現プロ野球巨人)が長い間つけて活躍された。いい形で応えられるように投げたい」

 --ミーティングなどで印象に残った言葉は

 「とにかく競争だと監督もおっしゃっていた。本当にアピールして開幕(ベンチ入り)の椅子をつかみにいかないといけないと改めて思った」

 --どのように呼ばれているのか

 「選手はユウセイが多い。スタッフとか監督は(イニシャルの)YK。野手も集まるところで自己紹介があるらしいので、プリーズ・コール・ミー・ユウセイ(ユウセイと呼んで)で」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ