PR

スポーツ スポーツ

四大陸Vの紀平梨花、帰国「世界選手権はノーミスで」

Messenger
四大陸選手権から帰国した紀平梨花=12日、成田空港第1ターミナル(撮影・菊本和人)
四大陸選手権から帰国した紀平梨花=12日、成田空港第1ターミナル(撮影・菊本和人)

 フィギュアスケートの四大陸選手権(米アナハイム)で逆転での初優勝を飾った女子の紀平梨花(関大KFSC)が12日、成田空港に帰国した。

 紀平は満面の笑みで報道陣に対応した。

 --大会を振り返って

 「ショートプログラム(SP)の時点ではミスがあったので、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をフリーの日の朝練でしっかり確認しようと思って確認して、すごく自信も付けたし、それでうまくいった」

 --SP5位からフリーで逆転での金メダル

 「SPよりもフリーの方がすごく集中することができた。その集中をSPからずっと忘れずに、絶対SPからその集中力を出せるようにして、これからはSP、フリーとミスのないようにやっていきたい」

 --世界選手権への意気込み。

 「世界選手権は初めての出場だけど、やっぱりSP、フリーと完璧な演技でノーミスをそろえたいという思いがすごく強い。ノーミスをそろえて、自己ベストを更新できるように頑張りたい」

 --演技構成の変更は

「トリプルアクセルはフリーは2本でいきたい」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ