PR

スポーツ スポーツ

宇野昌磨が帰国 世界選手権に「もやもやぶつけたい」 

Messenger
四大陸選手権から帰国し、囲み取材後に、写真撮影に応じる宇野昌磨=12日、成田空港第1ターミナル(菊本和人撮影)
四大陸選手権から帰国し、囲み取材後に、写真撮影に応じる宇野昌磨=12日、成田空港第1ターミナル(菊本和人撮影)

 フィギュアスケートの四大陸選手権(米アナハイム)で逆転での初優勝を飾った男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)が12日、成田空港に帰国した。宇野はフリーでルール改正後の世界最高得点をマークし、3月の世界選手権(さいたま)に期待を抱かせた。

 宇野の主な一問一答は次の通り。

 --大会を振り返り

 「試合前は(右足首捻挫で)あまり練習をしてこなかった状況ではあったが、優勝できたことはうれしく思う」

 --金メダルの実感は

 「練習を積み重ねての優勝ではなかったので、やりきったという実感や達成感はいつもより少ない。その少しのもやもやは世界選手権にぶつけたい」

 --フリーでルール改正後の世界最高得点

 「自分はできると言い聞かせてフリーを滑った。最後までちゃんとやれたなという安心感の方が大きかった」

 --世界選手権に向け、どう調整していくか。

 「これまでは自分が満足するために後悔しないために練習してきたが、今回の世界選手権は優勝を目指して練習に取り組んでいきたい」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ