PR

スポーツ スポーツ

池江璃花子選手が白血病を公表 「信じられず混乱」

Messenger
池江璃花子
池江璃花子

 競泳女子のエース、池江璃花子(いけえ・りかこ)選手(18)=ルネサンス=が12日、自身のツイッターで白血病と診断されたことを公表した。1月18日から豪州で合宿中だったが、体調不良で8日に帰国していた。池江選手は「私自身、いまだに信じられず、混乱している状況です。今は少し休養を取り、1日でも早くまた、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います」とつづった。

 同日、東京都内で会見した日本水泳連盟によると、豪州合宿後半から体調不良を訴えることが多くなり、今月4日に現地で血液検査を実施。再検査を勧められたため予定を切り上げて8日に帰国し、再検査で病気が発覚した。現在入院中で、12日から治療を開始。医師からは早期発見だったと説明を受けたという。

 治療を最優先し、16日からのコナミ・オープン、4月の日本選手権は欠場する。上野広治副会長は「厳しい道のりになるが(来年の)東京五輪の代表選考会のスタートに立てるように見守ってほしい」と話した。

 池江選手は昨年のジャカルタ・アジア大会で6冠を達成するなど成長著しく、2020年東京五輪でのメダル有力候補として活躍が期待される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ