PR

スポーツ スポーツ

男子リレーで日本2位 ショートトラックW杯

Messenger

 スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)最終戦は10日、トリノで行われ、男子5000メートルリレー決勝で菊池耕太(恵仁会)、渡辺啓太(阪南大職)、横山大希(トヨタ自動車)、吉永一貴(中京大)の日本がロシアに次ぐ2位に入った。第4戦に続く2位で、同種目のシーズン総合3位となった。

 女子3000メートルリレーで5、6位決定戦に回った日本は平井亜実(中京大)、菊池萌水(KHネオケム)、菊池純礼(トヨタ自動車)、菊池悠希(ANA)で臨み、カザフスタンを抑えて5位だった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ