PR

スポーツ スポーツ

野中、池田が初代王者 スピードのジャパンカップ

Messenger
【スポーツクライミング・スピード・ジャパンカップ】左から女子2位の伊藤ふたば、優勝の野中生萌、3位の野口啓代(10日、東京都昭島市)
【スポーツクライミング・スピード・ジャパンカップ】左から女子2位の伊藤ふたば、優勝の野中生萌、3位の野口啓代(10日、東京都昭島市)

 スポーツクライミングで高さ15メートルの壁を登る速さを競うスピードの第1回ジャパンカップが10日、東京都昭島市のモリパークアウトドアヴィレッジで行われ、決勝で女子は野中生萌(XFLAG)が伊藤ふたば(TEAM au)に先着し、初代女王に輝いた。男子は池田雄大(千葉県連盟)が藤井快(TEAM au)を下して優勝した。

 野中はボルダリング・ジャパンカップとの今季2冠を達成。野口啓代(TEAM au)が3位決定戦を制した。男子のエース、楢崎智亜(同)は4位だった。

 来年の東京五輪はスピード、ボルダリング、リードの3種目の複合で争われる。今大会はスピードの強化を目的に新設され、予選タイムの上位16人による1対1のトーナメント形式で日本一が争われた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ