PR

スポーツ スポーツ

紀平梨花「乗り越えられた」 四大陸初Vから一夜明け

報道陣からプレゼントされた髪飾りを付けてポーズを取る紀平梨花=9日、アナハイム(共同)
報道陣からプレゼントされた髪飾りを付けてポーズを取る紀平梨花=9日、アナハイム(共同)

 フィギュアスケートの四大陸選手権女子で初出場優勝した16歳の紀平梨花(関大KFSC)が一夜明けた9日、米アナハイムで取材に応じた。開幕直前に左手薬指を亜脱臼したが、ショートプログラム(SP)5位で迎えたフリーで大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め「(負傷後)初めは跳ばないと思っていたけど、乗り越えられた」と笑みを浮かべた。

 自国開催の世界選手権(3月・さいたま)に弾みがつき「SP、フリーで(3回転半を)3本決めた完璧な演技をしたい」と意気込んだ。来季からは演目に入れることも検討する4回転サルコーについては、男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)の動画を見て研究していることを明かし「こういうふうに跳べればいいなというのができあがっている」と手応えも口にした。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ