PR

スポーツ スポーツ

宇野昌磨、逆転で金メダル フリーで今季最高得点

Messenger
世界最高得点をマークした宇野昌磨=9日、アナハイム(AP)
世界最高得点をマークした宇野昌磨=9日、アナハイム(AP)

 欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権第3日は9日、米アナハイムで男子フリーが行われた。ショートプログラム(SP)で4位と出遅れた平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)は今季世界最高の197.36点をマーク、合計289.12点で逆転優勝した。

 田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は251.54点で7位、友野一希(同大)は206.41点で12位。

 8日に紀平梨花(関大KFSC)が初制覇。日本勢の男女同時優勝は2014年の無良崇人、村上佳菜子以来5年ぶり。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ