PR

スポーツ スポーツ

小平奈緒、500メートルで37連勝 千は2位、スケートW杯

Messenger
女子500メートルで優勝した小平奈緒(中央)=ハーマル(AP=共同)
女子500メートルで優勝した小平奈緒(中央)=ハーマル(AP=共同)

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第5戦第2日は2日、ノルウェーのハーマルで行われ、女子500メートルは小平奈緒(相沢病院)が37秒25で制した。この種目は2季前から国内外で37連勝、W杯で21連勝。1000メートルと合わせW杯通算26勝となった。1000メートルは1分15秒25で、ブリタニー・ボウ(米国)に0秒46及ばず2位だった。

 女子500メートルで辻麻希(開西病院)は8位。男子500メートルの日本勢は今季初めて表彰台に上がれず、長谷川翼(日本電産サンキョー)が35秒04で11位となったのが最高だった。優勝は34秒65のパベル・クリズニコフ(ロシア)。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ