PR

スポーツ スポーツ

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】金本チルドレンに熱視線!

Messenger
選手らと話す阪神・矢野監督(中央)。高山(右)や北絛(左)らの覚醒がチーム躍進の鍵となる=1日、沖縄県宜野座村(森本幸一撮影)
選手らと話す阪神・矢野監督(中央)。高山(右)や北絛(左)らの覚醒がチーム躍進の鍵となる=1日、沖縄県宜野座村(森本幸一撮影)

 阪神が躍進する最大の鍵は“金本チルドレン”が不動の中心軸に座れるかどうか。これが春季キャンプ第1クールを取材した感想です。矢野燿大(あきひろ)新監督(50)率いる阪神は、2月1日から沖縄の「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」でキャンプをスタート。1軍メンバーは投手22人、捕手4人、内野手9人、外野手8人の計43選手という大所帯ですね。激しいポジション争いを“演出”したものですが、中でも金本前監督が厳しく鍛えていた“チルドレン”の動向に視線が向かいます。彼らが成長しないと虎の上位躍進はあり得ないと痛感するからですね。

 ■1軍に43選手、熾烈(しれつ)な争い

 いよいよ春季キャンプがスタートしました。矢野新監督が誕生して初めて迎える春季キャンプですからね。どんなチームをつくるのか、選手たちは新体制の中でどんな気持ちで臨むのか。注目すべきポイントはあちらこちらにあります。

 「勝つことと優勝を狙うことは当たり前ですけど、キャンプの目標としてはどんどん競争してもらって、俺が出てやるっていうね。そういうような気持ちでみんながやってくれれば。可能性を大きく持った選手が本当に多いので、僕は本当に楽しみで仕方ない思いですけど、キャンプが終わっても楽しみが増えているようなキャンプをやっていきたい」

 矢野新監督はキャンプ直前、抱負を語っていました。「どんどん競争してもらって…」と話した通り、1軍は総勢43選手という大所帯になりました。特に、投手は想定される1軍出場選手登録13選手に対し、22人を1軍に。捕手4人、内野手9人、外野手8人全ての部門で多めに“抱えて”います。当然ながら、ここから1軍枠生き残りをかけた厳しい戦いがスタートしているわけで、大所帯は競争の激化を想定したものです。矢野新監督は口調こそ穏やかですが、心の中に秘めた厳しさをこうした形で選手サイドに示していると思われますね。

 ■新旧交代の端境期

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ