PR

スポーツ スポーツ

日ハム・吉田輝、初ブルペンで38球「力みあった」

Messenger
【プロ野球日本ハム国頭キャンプ】ブルペンでキャンプ初の投球練習をする日本ハム・吉田輝星=沖縄県国頭村のかいぎんスタジアム国頭(撮影・矢島康弘)
【プロ野球日本ハム国頭キャンプ】ブルペンでキャンプ初の投球練習をする日本ハム・吉田輝星=沖縄県国頭村のかいぎんスタジアム国頭(撮影・矢島康弘)

 日本ハムのドラフト1位新人、吉田輝(秋田・金足農高)が2日、沖縄県国頭村の2軍キャンプで初めてブルペンに入って投球した。直球にカーブ、スライダーを計38球投げ「あまりいい球は行っていない。初回だから力みがあったのかもしれない」と少し悔しさ交じりに話した。

 注目ルーキーの投球を見ようと、ブルペンの両脇には報道陣、ファンがぎっしりと集まった。直球が高めに大きく外れる場面もあり「下半身と上半身の連動性に粘りがない。しっかり下が回ってから、上がだんだんと回ってくれば」と課題を挙げた。

 荒木2軍監督兼投手コーチは「力が抜けると良くなると思う」と分析。この冬から本格的に取り組んだというカーブについては加藤2軍投手コーチが「真っすぐが売りの投手だけど、いいカーブを投げる。武器になる」と評価した。吉田輝は「まだ調子が上がり切っていない。早くしっかりといい球が投げられるようにしたい」と前向きだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ